一般不妊治療・IVF(体外受精)・婦人科・内科/
天王寺から1駅、寺田町駅より徒歩4分

一般不妊治療

できるだけ自然に妊娠をめざす治療

一般不妊治療とは、タイミング療法と人工授精を指します。
タイミング療法とは、夫婦生活を持つタイミングをはかる方法で、不妊治療において、身体に負担が少ない一番自然妊娠に近い方法です。
人工授精法についても、精子を注入する方法が「人工的」ですが、
精子を注入した後の受精・着床・妊娠という過程は「自然」であり、性交渉による妊娠と変わりありません。

タイミング療法

タイミング療法とは、「最も妊娠しやすいタイミングに性交渉を行う」方法です。

基礎体温や超音波検査、ホルモン検査などを参考にしながら排卵日を予測し、効果的な性交渉のタイミングをアドバイスします。

もっとも自然な妊娠に近く、お二人にとって負担の少ない不妊治療です。

年齢など個々の条件により異なりますが、まずは検査の結果、きちんと排卵があり、精液所見に問題がなければ、タイミング療法から治療をスタートすることをおすすめします。

ご自身で基礎体温をつけることで、ある程度の排卵日を予測することはできますが、実際には排卵が自分の思っているタイミングと異なっていることもあります。

月経不順が見られる場合は正確に予測することが難しいこともあります。

自分たちなりのタイミングによる性交渉でなかなか妊娠できないときは、一度指導を受けてみることをお勧めします。

タイミング療法が上手くいかないときは、排卵誘発剤を併用し、受精の確率を高めることもあります。

人工授精療法

人工授精(IUI)とは、排卵日に合わせて選別した良好な精子を子宮腔内に注入する治療法です。(午前・午後どちらも可能)

人工授精(IUI)が必要となる方

  • タイミング療法にて妊娠に至らない場合
  • 膣内射精できない場合
  • 性交できない場合
  • 精子が少ないまたは運動率が低いため、受精に必要な数の精子が卵管膨大部に達しないと考えられる場合
  • 精子は正常でも、フーナーテスト(性交後試験)が不良で、十分な精子が子宮に入らない場合(抗精子抗体やピロリ菌抗体などの原因が除外された方)
  • 凍結精子の使用を希望の場合

人工授精という名前から非常に特別な治療法のように感じられますが、実際には、妊娠しやすくなるように、お手伝いをしています。具体的には、やわらかく細いチューブを使って、排卵日に合わせて精子を子宮内に注入します。痛みはほとんどありません。その後の受精から着床に至る過程は、自然妊娠とまったく同じになります。

人工授精(IUI)の目的

IUIの目的は運動良好な精子を子宮内に注入することであり、精液より運動精子を分離し、濃縮する必要性があります。

また、射精された精液中には白血球や細菌やプロスタグランディン(子宮を収縮させる痛みの物質)が含まれており、精液を処理しないで注入することは感染や下腹痛などの原因となります。したがって、IUIでは、精子の分離(精子調整)をする必要があります(精子調整に約1時間を要します)。

ご主人は、予測排卵日当日に精液を採取していただきます(射精後2時間以内に持参して下さい)。

院内で採取する場合は、メンズルーム(有償)をご利用いただけます。